トップイメージ  

トップページ

リサイクルショップ マツサク

受苦人

それゆけまつばさくじの会

受苦人

オリジナル商品 & 注文販売

まつさくぐるーぷ

関西ミルクロードの会のバナー

 

共生・共走リレーマラソンへのバナー

 

ちらし

 

 

大阪障害者労働センター・マツサクぐるーぷ活動紹介

マツサクグループ活動写真

私たちマツサクぐる~ぷは、1983年10月、「障害者の自立・労働・仕事を作り出し、考え、行動する場」として発足。

「障害」がある人も、ない人も、「ともに生き・働く社会」を目指して共働し、日夜活動しています。

「障害者」への差別・偏見をなくしていくこと=それは誰にもやさしい社会。
それを実現していこう!

という思いで30年近く、地域社会のバリアフリーを目指す拠点として、私たちは踏ん張って来ました。

リサイクルショップ マツサク 受苦人(しょーくぅーれん)

今日に至っていつの間にか「社会的事業所」といえる存在になってきていますが、労働条件と運営は依然受苦人「ショウクゥーレン」。。。

リサイクル事業の展開・バサーや物品販売を行い、「障害当事者」の賃金や活動費を確保しています。

さまざまな運動体との関わりをもちつつ、さまざまな活動をしながらも、一方で障害のある人もない人も、ともに働くという思いを貫き、頑張っています。

中之島まつり。バザー物品販売の写真

「障害」のあるなし・老若男女を問わず「共に生きること」こそ、すばらしいものはありません。

私たちは、これからも様々な活動を通して、地球上のすべての生き物が、「共に生きること」の大切きを人々の心の中に育み、お互いの喜びと感じれるような社会の実現を目指したいと思っています。

どうかご理解とご支援、そして応援を、よろしくお願い致します。

 

 

マツサクぐる~ぷへの連絡先

 

■ リンク ■

大阪ハンディキャップセンター T・HOUSE

 

 

 

このホームページは 関西ミルクロードの会 の1円基金で制作されました